FX取引での利益の上げ方

FXは異なる2つの通貨を一組のペアとして、互いに売買を行い利益を求めていく投資取引になっています。

FXで利益を生みだすためには二つの方法があり、その一つは「スワップポイント」と言い、もう一つは「為替差損益」と言います。

通貨にはそれぞれその通貨を発行した国や地域が定める金利というものが設定されています。
この金利は通貨ごとに違っており、この通貨の金利差の事を「スワップポイント」と呼んでいるのです。
このスワップポイントにはある特性があり、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買うとスワップポイントを支払うことになり、逆に金利の低い通貨で金利の高い通貨を買うとスワップポイントを受け取ることができるのです。
このスワップポイントはおよそ日ごとに集計されますので、この仕組みを利用し、低金利通貨で高金利通貨を買って長期間保持することで、毎日一定の利益を得ることができるのです。

為替差損益とは、為替レートの変動によって生まれる通貨の価格の差のことをさします。
例えば1ドル100円の為替相場で1万ドル分のドルを100万円で買っておき、為替レートが1ドル150円に変動すれば、先ほどの100万円だった1万ドルの価値が150万円に変わったことになりますので、この1万ドルを売って円を手に入れれば、差し引きで50万円の利益を得ることができるのです。

FXでは相場の状況などに合わせて、この二通りの方法を使って利益を求めていくことができます。
例えば、どの通貨も金利が低いようであれば、為替差損益を使っていけばいいですし、相場に動きがないような状況であれば、通貨を保持してスワップポイントを狙っていくのもいいでしょう。

このようにしてFXでは利益を求めていきますが、FX取引を行うために契約をしている取引業者に支払う各種の手数料についても考えていく必要が、実はあります。
コストというのは、そのまま上げた利益の足を引っ張る物であり、また損失を大きくする要因でもあります。
コストが小さければ小さいほど、得られる利益はそれだけ大きくなりますから、取引業者を選考する際には、こうした面もチェックをする必要があるでしょう。

その際には、「最少取引通貨単位」というものにも注目しておくべきです。
株取引などと比べて、格段に少ない投資金額で始められるのがFX取引の魅力になります。
この最少取引通貨単位が小さければ小さいほど、より少ない投資金額で取引きを行うことができますので確認をしておく必要があります。

例えば最少取引通貨単位が、1万通貨単位だとすると、先の例のように1ドル100円相場で取引をするためには、最低でも1万ドル分、100万円の用意が必要になります。
これが1000通貨単位の設定であれば、10万円の用意で済むことになり、これに、取引業者に預ける証拠金を元に投資資金を倍化して取引きが行える「レバレッジ」という仕組みを使えば、より少ない投資金で取引きが行えるようになりますので、このあたりの設定も含め、取引業者をよく確認しておくことをお勧めします。